HOME > おすすめイベント一覧 > 開国への潮流 ―開港前夜の兵庫と神戸―

18世紀半ばから19世紀半ばまでの1世紀は、軍事力を伴いつつ「開国」を迫る欧米諸国と対峙しながら、日本が新たな国際関係に歩みを進める模索の時代でもありました。神戸開港は、その集大成の一つといえるでしょう。安政5年(1858)に欧米諸国と締結した通商条約によって兵庫(神戸)は箱館、神奈川(横浜)、新潟、長崎とともに開港場に選ばれます。しかし箱館、横浜、長崎の開港に伴う国内経済の混乱や尊皇攘夷(そんのうじょうい)運動の隆盛、朝廷の猛烈な反対により開港は困難な状況となり、条約締結国との交渉で5年延期されることとなりました。ただ、この延期によって兵庫と神戸の港は、畿内の政治的地位が急速に高まるなかで、幕府海軍の拠点、幕府直轄港に位置づけられ、近代化が進められていきます。そして、これが開港後の神戸の発展に結びついていくのです。本展では、当時の国際環境や政治・外交に照らしながら、約100件の資料を通じて、開国、そして神戸開港にいたる歴史的潮流をたどります。

開国への潮流

概要

  • ■日時
    平成29年(2017)8月5日(土曜日)〜9月24日(日曜日)《44日間》
  • ■場所
    神戸市立博物館
  • ■開館時間
    10時00分〜17時00分 (入館は閉館の30分前まで)
  • ■休館日
    月曜日[ただし、9月18日(月曜日・祝日)は開館]、9月19日(火曜日)
ページトップへ